ヒレだと思ったら牛たんだった

焼肉の中でも牛タンは大好きですが、いつも食べているのは焼肉チェーン店の薄切りのタン塩ばかりです。

勿論、タン塩も大好きなので何も不満はありませんが、たまに違うお店で厚切りのタンや芯タンの刺身なんか食べる機会に恵まれると嬉しいものです。



厚切りのタンは、もちろん厚く切った状態でも柔らかく食べる事が出来る、タンの根元に近い中心の部分ですが、なかなか厚切りの良いタンを食べた経験が無かった為か、厚切りタンを始めて食べた時はヒレ肉だと勘違いしたほどです。

とても柔らかく、しかしヒレ肉みたいな適度な噛みごたえがあるのですが、肉の脂もしっかりあって、旨味が全然違う。

東北の宿

これは一体何だろう?と思ったら、何と食べ慣れた牛タンでした。

同じタンかと思うくらい、その食感が違う事に驚き、タン自体の旨味の感じ方も全然違うものだと感じます。

ヒレ肉と間違うほどのタンということは、肉そのものの質もきっと良いものなのでしょう。

JRA|東京競馬場

タンは意外に脂も多く、その脂の旨味も魅力の一つなのですが、その厚切りタンの脂の旨味は、普段食べているタンとは違い、軽くてしつこくない感じで、まさに幾らでも食べられるような美味しさだったのです。

身近な焼肉食材のタンですが、ロース肉等と違い、余りタン自体に高級なイメージを持つ事は無く、タンは固くて歯応えのあるものだという先入観もあった為か、一層のカルチャーショックでした。

柔らかいタンの美味しさは、まだまだ先がありそうです。